太陽光発電良くぞ
太陽光発電良くぞ
ホーム > 注目 > コサインは、ハイセンスであたたかい'木のもの'をつくっている会社です。

コサインは、ハイセンスであたたかい'木のもの'をつくっている会社です。

コサインの製品ってどんなもの?」と聞かれたら、「木の素材感を活かすシンプルなデザインと加工を施した"木のもの"」
と自信を持って答えます。

私たち人間は常に木と共に歩んできました。
そのため、木には落ち着きや安らぎ、安心感を与えてくれる、まるで母親のような不思議な力があります。

その不思議な力を最大限に引き出すことに魂をそそぎ、ハイセンスであたたかみのある木の製品を職人の力で生み出しているのがコサインです。


全国・世界が知る「家具の街」とコサイン

木の製品といえば、古くから良質な木の集散地として知られる北海道の旭川市。

その旭川と家具の歴史は110年程前にまでさかのぼります。

旭川で本格的なまちづくりが始まったことをきっかけに、全国の腕に自信のある家具・建具職人たちが移住し、旭川で家や家具をつくるようになりました。

こうして、職人たちが腕を競い合い、切磋琢磨して成長し、旭川市は「家具の街」として全国、そして世界にも知られるようになっていきました。

コサインは、そんな進化し続ける「家具の街」で1988年に4人のクラフトマンによって誕生しました。

コサインには、「CO=共に」「SINE=存在する」という意味が込められています。

私たちは木に感謝し、大切にしながら、長く共に歩んでいくという意味を込め、製品一つ一つを丁寧に、そして魂をそそぎ、
ものがたりを描いています。


コサインがこだわる「木」と「ものがたり」

木製品には、一般的に成長が早く柔らかい針葉樹が使われることが多いです。

ですが、コサインのつくる木製品には、百年・二百年とかけて育った、高級な家具に適した硬さのある広葉樹(メープル・ナラ・ウォルナット・サクラなど)を使用しています。

しかも、北海道はご存知の通り寒い地域で、旭川は特にその寒さの影響を受けやすい場所です。
そんな厳しい環境で成長した広葉樹だからこそ与えられる、木のあたたかみと価値があります。

木は機械のような人工的なものではなく、自然が生み出した「大地の恵み」です。
だからこそ、長く共に歩んでいくことが自然への恩返し。

コサインの工場では、手と目と心で木と対話する「つくりたがり屋」の腕のある職人たちによって、今日も新しいものがたりが作られています。

ここにしかない、「ハイセンスであたたかみのある木のものがたり」を是非ご体感ください。